知ったらショックの着物買取相場!プロが教える着物を高額で売る方法

 

こんなことを思ったことはありませんか?

  • 昔の着物が邪魔になっているから整理したい。
  • ブランド価値がある着物を売りたい。高く買ってくれないかな…
  • 買取に出したいけど汚れがある着物は大丈夫なのかな…

着物の買取の全貌はこのサイトを見ればわかる!というサイトを目指して、このような疑問にプロがお答えします。

 

まず、買取をしてもらう場合に一番気になることは買取金額ですよね。
お金にならなければ、手間になるだけです。
着物を置いておけば、もしかしたらまた使えるかもしれません。

 

では、お持ちの着物を売ったら実際にどれぐらいになるのか?という買取相場をまずはご覧いただきます。

 

知ったらショックの着物買取相場!種類別にご紹介

 

良く知られている着物を買い取ってもらう手段は、大まかに分けると3つに分かれます。

  • 買い取り専門店に持ち込む
  • オークションに出品する
  • リサイクルショップへ持ち込む

この3つがよく知られている買取方法になります。

 

更に、着物と言っても振袖・ブランド品・帯締めなどの和装小物などいろんな種類がありますよね。
ここでは、上の3つの方法と着物の種類ごとに買取相場をご紹介していきますので、お持ちの着物はどんな相場なのか、全体として高いのか安いのかを少し考えながら一緒に見ていきましょう。

 

大島紬の着物買取相場

 

大島紬にはグレードが存在します。
着物の反物に証紙がついているものがその証明書になるのです。

  • 本場奄美大島紬協同組合
  • 本場大島紬織物協同組合

このどちらかの証紙がついていて伝統文化工芸のマークが付いていれば、大島紬はそれだけ買取相場が高くなります。

 

更に、マルキというグレードも存在します。
5マルキ・7マルキ・9マルキ・12マルキなどがあり、このグレードによっても価値が変わってきます。
マルキというのはタテ糸に含まれる絣糸(かすりいと)の本数の事を言います。
大島紬は、染めていない絣で柄を表現するもので、この絣が多いほど手間がかかります。
マルキが多ければ相場が上がる…と考えてもらえばと思います。

 

それでは、実際の買取相場を見てみましょう。

  • 買い取り専門店A店 2万円
  • オークション出品  1.8万円
  • リサイクルショップ 1千円

 

実際にこの方は、十数万円で大島紬を購入したということでした。
リサイクルショップに関しては理解に苦しむ値段が提示されていますね。
なぜこうなるのか?という理由は後の章でご紹介します。

 

作家・ブランド着物の着物買取相場

 

有名な作家の作品や、ブランド価値の付いた着物の買取相場はどうでしょうか。
ここで言う有名な作家とは、由水十久・森口華弘・羽田登喜男などの著名な着物作家のことを指します。
ブランド着物とは、アンテプリマなどの海外ブランドや撫松庵などの国内ブランドが手掛けた着物のことを意味しています。

 

では、買取価格の例をご紹介します。
この例は森口華弘の作品の相場をご紹介しています。

  • 買い取り専門店A店 3万円~10万円
  • オークション出品  1千円~8万円
  • リサイクルショップ 1千円~5千円

 

さすが人間国宝と呼ばれる重要無形文化財に指定されているだけあって、相場も桁が変わります。
オークションでは振れ幅が広いことがわかりますね。

 

しかしですが、全体的に人間国宝の着物がこんなに安いの…?と思われる相場になっていますね。
更に、オークション出品時の振れ幅が大きいことについても、後に説明していきます。

 

成人式で使用した振袖の着物買取相場

 

現代に色濃く残っている着物着用の儀式として、成人式があります。
いまでは、オフィススーツなどで正装した若者を見かけることもありますが、若者の間でオシャレとして振袖を着る有数のイベントと言えますね。
しかし、人生で一度だけしか着ないであろう振袖を持て余してしまっている方も多いのが事実です。

 

では、買取価格の例をご紹介します。

  • 買い取り専門店A店 3千円
  • オークション出品  3千円
  • リサイクルショップ 1千円

 

だいたいの場合は振袖は中古になるので、こうした相場になっているようです。
ただし、未使用の高級振袖の場合なら1万円以上の値が付くものもあります。
しかし、3千円では売る気がしない…という方がほとんどではないでしょうか。

 

高く査定が付いたとしても3千円のために、わざわざ持って行かなければいけません。
極め付けは、査定額が安ければもって帰ってこなければなりません。

 

【七五三】袴やお宮参り用着物の着物買取相場

 

お宮参りなどの儀式で使う着物・袴はどのような買取相場なのでしょうか。
袴というのは、着物の上から身に着けるものですが、洋服で言えばズボンに当たります。
洋服でもそうですが、下半身に着用する衣服というものは、中古になれば相当値段が下がってしまうのです。

 

それでは、袴の買取価格を見てみましょう。

  • 買い取り専門店A店 2千円
  • オークション出品  1千円
  • リサイクルショップ 1百円

 

着物持ち込み買取専門店では、今後の流通がある程度見込めるため、相応な相場になっています。
オークションでは、やはり下着のイメージが強く、嫌遠されてしまっている為に相場も低くなっていますね。
リサイクルショップでも同じことが言えそうです。

 

帯や帯締めなど小物の着物買取相場

 

着物本体とは別に、着物を着た時の装飾や帯などを和装小物と呼びます。
和装小物には、帯留・帯締め・帯本体・カバンや櫛・草履などが含まれます。

 

そのモノによって相場は大きく変わりますが、今回は帯締めの例で見てみましょう。

  • 買い取り専門店A店 1千円
  • オークション出品  5百円
  • リサイクルショップ 買取不可

 

リサイクルショップでは帯締めのみでは買取をしてもらえなかったようです。
この理由も合わせて次のメリット・デメリットでご紹介しましょう。

 

全体的に相場を見てみると、せっかく大金を出して買った着物がこんなに低い査定額なのか…?と思われますよね。
とある方法を用いない場合は、このように低い査定額で売らなければいけなくなってしまうのです。

 

その「とある方法」がすごく気になりますね。
冒頭でお伝えしたように買取価格を最大にする為に、プロがお伝えする買取方法があるのです。
しかし、その理由を知っていただく為に、まずは既存店のメリットとデメリットも確認しなければなりません。

 

着物買取専門店で買取を行うメリット・デメリット

 

ここで言う着物買取専門店は、買取を希望する方が自分から着物を持って行って査定をしてもらう着物専門店のことを指します。
先ほどの買取相場では、そこそこの値段で買い取ってくれていたように見えましたが、そのメリットとデメリットについて少し掘り下げていきましょう。

 

着物買取専門店のメリット

  • 着物のプロが在籍しており、本当の着物の価値をわかってくれる
  • 和装小物などの小さなものでも単品で査定してくれる
  • その場で買取金額を確認して金額をキャッシュで受け取れる

良いことばかりに見える専門店での買取ですが、このメリットを裏返せば、すべてのことがデメリットになります。

 

着物買取専門店のデメリット

デメリットは、その理由をお伝えするために、ひとつずつ詳細をお伝えしていきます。

 

ボッタくられる恐れが高い

1つ目、着物のプロが査定をする為、高額な着物ほどボッタくられる恐れが高いのです。
先ほどの本当の価値をわかってくれる査定人の裏返しになります。

 

買取を依頼する方の知識があるのか?ないのか?をプロは話しぶりや流れから判断します。
素人と思われてしまうと、本来の価値よりも安く買い叩かれてしまうのです。
その本来の価値がわからない買取依頼人さんは、損をしていることを気づかずに売買契約書にサインをしてしまうわけですね。

 

安く買い叩かれる

では2つ目、持って帰っても仕方がないものを、安く買い叩かれる恐れがあります。

 

例えば帯締めだけを買取に持って行ったとします。
会話の流れから和装小物の帯締めしかないとわかったプロは、それだけ持っていても仕方がないこと・正当な査定を行ったことを精一杯アピールして安く買い叩こうとしてくるでしょう。
安く買って高く売るのが流通の基本ですから、着物の買取でもそれは同じです。

 

キャンセルしにくい

3つ目は、その場でキャッシュで支払われる為、キャンセルしにくいということです。

 

売買契約書にサインをして、支払いを受けたことによって法律的にも非常にキャンセルは難しくなります。
例え着物の買取を辞めたい・もっと高く売れるところがあった…などの場合でも手遅れになってしまうのです。

 

リサイクルショップで買取を行うメリット・デメリット

 

大島紬の買取相場の紹介で出た記述で以下のようなことがありました。
「リサイクルショップに関しては理解に苦しむ値段が提示されていますね。」
この言葉ですが、その理由をデメリットの欄に記述していますので併せて見ていきましょう。
また、帯締めのところであった「買取してもらえない」ということも言及しています。

 

それでもメリットはしっかりありますので確認してみましょう。

 

リサイクルショップのメリット

  • いろいろな分野の品物を幅広く買い取ってくれる
  • 店舗数自体が多く、少し足を延ばせばどこにでもリサイクルショップがあり便利
  • 買取金額をキャッシュで受け取ることができる

 

実際にリサイクルショップに足を運ぶと、ギターや人形、ゲームやインテリア。
服やコスプレ、宝石などの貴金属やブランド品などいろんな商品がおいています。
これだけの商品を買い取ったという実績そのものですね。

 

また、チェーン店も多数展開していて、どこにでもある馴染みの深い点もメリットと言えます。
3つ目の項目は先ほどの専門店でも紹介した内容になりますので、デメリットも想像できるかと思います。

 

リサイクルショップのデメリット

リサイクルショップのデメリットは3つ挙げられます。

プロは在籍していない

1つ目、いろんな分野の品物を取り扱っている為、専門のプロは在籍していないのです。

 

ですので、着物の価値が高ければ高いほどに、その本来の価値がわからないショップ店員が通常の着物と同じような値段をつけてしまうのですね。
いわゆる大損というものです。

 

持ち帰るのが億劫

2つ目は、リサイクルショップは店舗運営型が基本です。
ですので、持って行った着物が大きな荷物であるほど、持って帰るのが億劫になりますよね。
例え納得がいかない査定を受けたとしても、持って帰る手間を惜しんでそのまま売却…ということになってしまっては本当にもったいないことです。

 

キャンセルしにくい

3つ目は先ほどと同じ、店舗運営型ならではのキャンセルをしにくい。ということになります。

 

更にリサイクルショップでは、買い取ったものを次のお客へ売ることを生業としているので、帯締め単品などの一般的に見て需要が非常に低いものは買取を行わないのです。
ですので、せっかく持って行ったのに値段が付かなかった…ということもしばしばあります。

 

オークションで買取を行うメリット・デメリット

 

オークション出品時の買取相場の振れ幅が大きいこと、というのが先ほどありましたが、インターネットで世界中とつながっている環境だからこそ、その振れ幅が大きくなるのです。

 

値段の付かないような価値の低いものが突然高く売れたり、その逆もあります。
そこがメリットでもありデメリットでもあるのですが、それ以外にはどのようなことがあるのでしょうか?
メリットから見てみましょう。

 

オークションのメリット

  • 出品が簡単
  • 同類の出品と相場を比較しやすい
  • 本来の価値より高く売れる場合もある

 

まず、出品が非常に簡単なので、誰でもネット環境さえあれば販売することができます。
また、ネット上に同類の出品がある場合がほとんどですので、そのアイテムを参考にして大まかな買取相場の目安をつけることができます。

 

そして、先ほども触れたように本来の価値より高く売れるときがあるのです。
これは、入札というシステム上、ほしいと思ったユーザーが値段を提示してくるシステムを採用している為で、出品されているアイテムが一部のマニアに人気が高いものであった場合などに価格が高騰する場合があるのです。

 

オークションのデメリット

では、デメリットも確認していきましょう。
オークションのデメリットも3つあります。

 

自分自身で価値がわかっていない

1つ目は、その商品の本当の価値を自分自身がわかっていないと損をしていることに気づかないのです。

 

オークションを利用して稼いでいる業者が存在できるのはこのような背景があるのです。
着物の本来の価値や正確な相場というのは、素人では判断できません。
オークションを利用するのは非常に危険と言っても過言ではないでしょう。

 

トラブルが多い

2つ目、ユーザー間でのトラブルが多いこともデメリットになります。
特に決済、お金に関してのトラブルが多く、大きな問題となります。

 

オークションにまつわる詐欺もあり、安心して高額な取引をできるとは言い切れません。
大切な着物が安く買い叩かれたり、詐欺の材料にされたり、買い手がついても入金してもらえなかったり…問題は山積みのようです。

 

損をすることもある

3つ目は、本来の価値よりも高く売れるかもしれない反面、驚くほど安く売ってしまうこともあります。

 

1つ目のデメリットにも関係していますが、オークションでそのアイテムの需要がなければ、高価な着物が10円で買い手がついてしまう…ということにもなってしまうでしょう。
もちろん底値は設定できますが、本来の価値をわかっていなければ結局は損をしてしまいますよね。

 

ここまでのメリット・デメリットで言えることはこうなります。

 

持ち込みやオークションで大損するって本当?真相に迫る!

 

見出しの通り、大損をしてしまう恐れが高いのです。
メリット・デメリットを確認いただけた方は、ご理解いただけたかと思います。
まだ見ていないな、という方は上のメリット・デメリットを一度読み返してみてください。

 

では、実際の利用者の声を見てみましょう。
持ち込み査定の良かった!という口コミと納得がいかない!という口コミをご紹介します。
この利用者の声が、持ち込み査定やオークションを利用してに販売の真相を語ってくれるのです。

 

持ち込み査定の良い口コミについて

以下は、担当者が独自に取材した結果を記述します。

 

着物の買取をどうすればいいのかわからなかったから、近くの着物屋に相談に行きました。
着物屋の店員さんは気持ちよく相談に乗ってくれて、着物の説明と買取金額の説明を丁寧にしてくれましした。
事細かに説明してくれたのでかなり納得できたし、いい値段で売れたんじゃないかなって思います

 

この方は、着物本来の価値がわからないままプロにすべて任せたケースのようです。
ご本人が納得しているので、良い結果のように見えますが…さてどうでしょうか。
今では確かめようもありませんが、その日のうちに売却を決意しているようなので、大きく損をしている恐れもありますよね。

 

持ち込み査定の悪い口コミについて

最初の査定額は2万円でした。
自分ではもっと高いと思っていたのでがっかりしました。
まだ実際に売るまでは期間的に余裕があったので売る気はなかたんですが、この金額では売らないという事を伝えると、「今日売るなら、いくらなら売ってくれますか?」と言われました。
4万円と伝えると言い値で買ってくれました。
でも、あとで考えるともっとほかの業者に見積もりを出してからでもよかったかなと思っています。

 

この例は、持ち込み査定に関するお話しで、具体的に問題点をとらえていたのでご紹介します。
買取専門店などの持ち込み査定ではこうして急な決断を迫られることで本来の価値よりも安く売ってしまうことになるのです。
相手は営業のプロになりますから、あの手この手で決済を迫ってくることでしょう。
そうして売却を急いでしまうことで結果的に大損をすることになるのです。

 

オークションの良い口コミについて

次はオークション利用者の良かったという口コミをご紹介します。

 

5年間ぐらい前に使用していた訪問着をネットオークションで売りました。
訪問着のデザインに飽きたということと、知人に聞いてみたら高い値段で売れそうだったので、その訪問着を売って新しい訪問着を買うつもりでした。近所の着物屋さんで新しい訪問着を購入するときに下取りに出せば、どんな古い着物でも買取してくれる…ということだったので、いままで使っていた古い訪問着を査定してもらうと500円という驚きの査定額でした。
あきらめきれなくて、ネットオークションに出品してみると、8000円という値段で販売できました。
7500円も変わったのでびっくりしましたが、お得にオークションを使えたと思います。

 

購入者の方もオークションに慣れていたようで、時間のかからないスムーズな入金で安心しました。
結局その8000円を元手にして新しい訪問着を買うことができたのでいい買い物ができたと思います。

 

持ち込みでは安く買い叩かれてもオークションでは値が付いた…という良い例ですね。
いろんな利用者がいますし、いろんな購入者もいるわけなので、需要があればしっかりした値段で売ることもできるのがオークション利用の良い点と言えそうです。

 

オークションの悪い口コミについて

一概に良いと言えないのがオークション利用者の多さです。

 

出品されている品数が多くて出品や落札にいろんな方法があるのはうれしいことなんですが、自分が出品者の場合には、いたずら入札とか評価荒しの数も利用者が多くなるにつれて多くなります。

 

どう見ても危険な人物と接点を持ってしまった時でも、通報したところで運営側が何もしてくれない事もありました。
住所や自分の本名、電話番号などの個人情報が第三者に知られるだけでもリスクが高いのに参加手数料が高いのも納得できない。
更に運営側のフォローが行き届いていない点は、気持ちよく使えるような状態とは言えない。

 

インターネットは不特定多数の人物とつながる手段ですので、その分リスクが増えてしまいます。
悪意のある第三者も存在しますので、ネットオークションで詐欺にあった!という声もあります。
先ほどのデメリットと合わせて気を付けたいポイントですね。

 

このように思った以上に凄惨な真相となっていました。
では、安全に高く買取をしてもらうにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ここで、プロが教える「とある方法」をご紹介します。

損したくない方必見!不要になった着物を高く売るならココ★

 

今、一番有利な着物買取方法と言われているのがネット査定です。

 

ネット査定では着物の買取専門のプロが出張査定をしてくれます。
すでにこの時点で持ち込み査定よりも有利ですよね。

 

更に、査定の依頼は簡単にできるので数社へ依頼して一番高かったところに売ることも簡単にできてしまうのです。
正当な査定をしていなかったらすぐにバレてしまう買取方法なので、ネット査定業者は適切な査定をしてくれることがほとんどなのです。

 

また、インターネット上で買取実績などを公開している業者が多く、買取相場の競争相手が明確なところも高価買取につながりやすいのです。
競合他社よりも少しでも高く買い取ることで、口コミでの高評価を得たり、自社のHPに買取実績として掲載して、他の商品の買取数を底上げしたりと、買い取る側からしても高価買取をする意味があるのです。

 

今話題のネット査定サイトの審査の手順について

審査の手順はいたってシンプルです。

  • お願いしたい業者のHPへ必要事項を入力する。もしくは直接電話で依頼する
  • 担当者から査定の日付調整の連絡が入る
  • 実際に査定をしてもらう
  • 価格に納得の場合はそのまま売却できる

 

なにも難しいことはありません。
その場で売却しなくても大丈夫ですし、買い叩かれることもありません。

 

 

ただ、唯一注意しなければいけないのは、法律上の問題でこのような取引をする場合は、本人確認が必要になるということだけです。
免許証やパスポートなどがあれば十分です。
査定当日は依頼者本人が業者の対応をしましょう。

 

送料や手数料は無料って本当?

 

その場で買取を決断しなくてもいいと書きましたが、出張査定手数料などの必要経費はあるのでしょうか?
出張査定手数料などは無料です。

 

もちろん例外のある業者も少数ありますが、ほとんどが無料です。

 

全国に営業所を構えている業者がほとんどですので、その営業所から派遣されるためコストを抑えているわけですね。
また、後日買取になったとしても送料などは買取側が負担してくれるので実質送料も無料ということになります。
ここまで来れば利用しない手はないですよね。

 

出張査定でオススメの業者

では、出張査定でオススメの業者はどこなのでしょうか?
以下に紹介しているネット査定は送料・手数料ともに無料です。
キャンセル料などもありませんので気軽に利用しましょう。

 

スピード買取.jp

 

特徴は、圧倒的なユーザー支持率を持つネット査定で、着物などの専門性が高いものでもプロが適切に査定してくれます。
全国無料対応で取引スピードも名前の通りスピーディ。
着物買取例では120万円の値が付いたものもあるのです。

 

買取プレミアム

 

特徴は、スピード買取とおなじ企業が運営している為、信頼感バツグンで、サービス内容もほぼ一緒です。
違いはブランド品などの高額アイテムを更に高額で査定してくれるところです。
もちろん全国対応可能・無料査定なので安心して使っていきましょう。

 

久屋

 

特徴は、全国対応可能で宅配査定専門というところです。
キャンセル料も無料になります。(返送代金負担あり)
コストの圧縮を図っている為に高価買取を実現しているのがこの久屋です。

 

【ネット査定サイト】着物買取相場について

非常に便利なことがわかったネット査定ですが、実際の買取価格はどのようになっているのでしょうか?
改めてネット査定の実力を確認する結果になってしまいましたが、早速、取材の結果をご紹介していきます。

 

大島紬の着物買取相場

買取例があまりありませんでしたが、3万円~10万円で取引があったようです。
9マルキ以上のものなら更に高額が期待できそうです。
買取に出す前に証紙もしっかりチェックしておきましょう。
持ち込み査定よりも8万円も高く買い取ってくれるのです。

 

作家・ブランド着物の着物買取相場

ここからはネット査定で実際に値が付いたものと、取引実績がないものはおおよその販売相場の5分の一~20分の一で算出して紹介していきます。

  • 森口華弘作 ⇒ 38万円~72万円
  • 羽田登喜男作 ⇒ 10万円~15万円
  • 由水十久作 ⇒ 20万円~100万円
    補足ですが、由水十久作の訪問着は新品状態での販売価格が500万円で確認されています。
  • アンテプリマ ⇒ 8千円~3万円
  • 撫松庵 ⇒ 8千円~2万円

さすがに人間国宝が手掛けた着物は伝説級の相場が見られます。
とくに由水十久が手掛けた訪問着の販売値代の桁が違いますね。
現存するものも少なく、その新品ともなれば価格が高騰するのもうなずけます。

 

持ち込み査定と比較しても62万円~90万円も変わりますね。

 

成人式で使用した振袖の着物買取相場

振袖のネット査定相場は5千円~3万円となっています。
タンスの奥に眠っていたものが大金に化ける可能性があります。
持ち込み査定では1千円の相場のものがネット査定では5倍に跳ね上がっていますね。
この例でもネット査定の優秀さと便利さが浮き彫りになっています。

 

【七五三】袴やお宮参り用着物の着物買取相場

袴のネット査定相場は4千円~2万円でした。
この袴やお宮参り用の着物にしても、持ち込み査定よりバツグンに良い値段で取引されているのです。
リサイクルショップでは買取不可と言われたものが、ネット査定ではしっかり買い取ってくれます。
更に相場も5倍以上ですので、利用しない手はありません。

 

帯や帯締めなど小物の着物買取相場

それでは、帯などの和装小物はネット査定でどのような相場になっているのでしょうか。
ネット査定ではバッグと帯で6千円での買取実績がありました。

 

このように、ネット査定では冒頭での持ち込み査定やオークションの買取相場を大きく上回る相場での買取実績が多数あります。
売る側としたら少しでも高く買ってほしいですよね。
そんな希望を楽に実現できるのがネット査定なのです。

 

でも利用する前に口コミを見て評判を確認したいところですね。
次は、先ほどご紹介した3つのネット査定についての口コミをご紹介していきます。

 

ネット査定サイトの気になる口コミ・評判は?

スピード買取.jp

まずはスピード買取.jpから見てみましょう。

 

実際に申し込みを行ってから買取が終わるまで非常にスピーディなようです。
さすがスピード買取という名前なだけありますね。
どのみち、家に置いていても処分しなければいけないようなモノが大金に化けたわけですから願ったりかなったりです。

 

買取プレミアム

 

では次は、買取プレミアムの口コミを見てみましょう。

 

亡くなった母の着物がずっと箪笥の肥やしになっており困っていたときに着物の買取を思いつきました。
シミも付いていましたが、査定も早く、満足のいく価格で買取ってもらうことができました。
まだまだ着物があるのでまた査定してもらいたいと思っています。

こちらが設定した日時に自宅まで来てくれるのが、とても便利でした。
着物の枚数が多いこともあり、「買取に時間がかかるのかな」と思っていましたが、査定が丁寧かつ迅速で、すぐに終わってしまいました。
非常に助かるサービスです。

 

買取プレミアムは買取査定額が高い分、時間がかかるのではないかと思われている方もいらっしゃると思いますが、そんな心配はありません。
利用者は買取成立までのスピード対応と実際の査定額に納得、満足しているのです。

 

久屋の口コミ

 

では、久屋はどのような口コミがあるのでしょうか?

 

久屋さんはなんでも買取でき、万が一値段が付かなくても処分していただけるということで、利用させていただきました。
他界した両親の着物を処分しようとしたものの、素人目に見ても汚れの酷いものや生前母が自慢していた綺麗な着物などが混在しており、どうすればいいかわからず途方に暮れていたところでしたのでこのようなサービスは大変ありがたかったです。
査定結果も、良い物にはきっちりとお値段をお付け頂き満足しております。

 

久屋は宅配買取に特化しているほか、キャンペーンなども展開している為に、そこを上手に利用することで更に買取査定額のアップが狙えます。
丁寧な対応と買取ができなかった場合の処分なども充実しているのです。

 

【着物買取】高く売るコツについて教えて!

では、ここからは実際に着物を高く買い取ってもらう為のコツを案内していきます。
高額査定をたたき出すためには、以下の点が重要になります。

 

  • アイテム本来の価値と歴史的価値(ブランド品や著名作家の作品など)
  • その着物の保存状態
  • 保証書や箱などの付属品の有無
  • 売却するタイミング

 

一番最後の売却するタイミングについてですが、ブランド品や人間国宝の森口華弘などが手掛けた作品は、将来的に値上がりする可能性もあります。
もちろん、保存状態が良好な必要がありますが、そのあたりの売却に関しての適切な時期などもネット査定で査定に来てもらった時に担当者に聞いてもらうこともできますので、ぜひ相談してみましょう。

 

では、1つ目のアイテム本来の価値というのを掘り下げて説明していきます。

 

ブランドものであるかどうか

 

まず、その商品自体が何かしらのブランド品・人気作家の作品などの場合はその価値が跳ね上がります。
具体的に前述していますが、以下のような場合は、買取査定額があがると思ってもらっても大丈夫です。

  • 森口華弘の作品
  • 由水十久の作品
  • 羽田登喜男の作品

このような著名作家が手掛けた作品は、5万円~100万円もの値が付く場合もあります。

 

  • アンテプリマの商品
  • 撫松庵の商品

このような場合も、着物自体にブランドが付いている為に、買取査定額がアップします。
通常の着物よりも3倍近くになるモノもあるのです。

 

お持ちの着物に何かの銘が入っているのかを確認することで、その着物の価値を前もって知ることも、買取査定額を高額にする上で大切なことになりますので、押さえておきましょう。

 

次は、着物はもちろんですが着物だけに限らず、いろいろな買取の中でも重要視されている項目をご紹介します。

 

キズ・汚れの状態

 

キズや汚れ、シミなどがある品物は程度によって2割~8割ほど査定額がマイナス評価を受けてしまうことになります。
せっかくの人間国宝の作品でも、このように保存状態が悪いと高額買取を実現できなくなってしまうのです。

 

キズや汚れ、シミが付かないように保存する方法はあるのでしょうか?
この後の項目の「着物を上手に保管する方法について」でご紹介していますので、そちらもあわせて参考にしてみてください。

 

保証書や箱・付属品の有無

 

ブランド着物などを購入すると、まずついてくるのが化粧箱です。
この箱がない着物や箱自体に汚れ・破損が目立つ場合は買取査定額がマイナス評価を受けます。

 

また、化粧箱の素材が桐であれば、その桐自体の素材の価値も上乗せされることになります。
箱だけでも高いもので2万円以上するモノもあるので、保管には細心の注意を払いたいところです。

 

こんな着物は売れない?注意すべきポイントについて

 

ネット査定にいざ、申し込みをして査定を受けても、値段が付かないような場合もあります。
せっかく査定を呼んで楽しみにしていたのに、買取できません!と言われると相当大きなショックを受けてしまいます。
そうなる前に、一度下の項目を確認して買取ができる着物なのかどうか?ということも併せて見ていきましょう。

 

  • 汚れがひどく、買い手が付かない状態
  • 着物の表側に大きく目立つシミや汚れがある(3cm以上の大きさの汚れやシミ)
  • 着物の素材が絹ではない場合(査定業者により違う)
  • サイズが小さすぎる着物

このどれかに当てはまる場合は、買取が難しい場合が多いのです。
汚れやシミは先ほども述べましたが、大きく査定額にもかかわってきますので、細心の注意を払いましょう。

 

また、汚れやシミが目立たない着物でも、においが酷くて悪影響が考えられる場合は、買取をしてもらえないこともあります。
においい対策も着物の保管の際に必要なことになりますので、「着物を上手に保管する方法について」をご確認頂ければと思います。

 

また、素材が絹ではない場合…とありますが、着物の素材はウールやポリウレタン、木綿などもあります。
絹の着物は更に本絹と正絹に分かれていて、本絹の素材である場合は非常に高価な買取査定額を提示されることもあります。
ウールやポリウレタンの素材の場合は、前もって買取業者に買取可能か確認する必要がありますので、一度連絡してみましょう。

 

着物にシミ・汚れがついた際の注意点

 

せっかくの高価な着物に汚れがついていることが分かったとき、多くの方は汚れをキレイにしようとしてしまいます。

 

当然といえば当然の行動なのですが、ちょっと待ってください。

 

着物は高価な素材ほど繊細な表地をしています。
汚れをふき取るために擦りつけたり、適切ではない洗剤を使ったりしてしまった場合は、汚れたまま買取査定に回すよりも査定額が低くなってしましますし、最悪の場合は買取ができない…なんていうことも考えられます。
シミや汚れを見つけても、慌てないことが重要です。

 

では、ほったらかしにしておくのか?ということになりますよね。
それでは、次の章でそのあたりを掘り下げていきますので一緒に見ていきましょう。

 

【種類別】シミ・汚れの対処法

まずは、汚れてすぐの場合、液体ものである場合はティッシュなどで上からそっと抑える感じで汚れを取りましょう。
この時に注意してほしいのが、擦らないことです。
擦ってしまうと着物の素材を痛めてしまうことに繋がりますので、あくまで上からできる限り汚れを吸い取ることを念頭に置いておいてください。

 

では実際に家庭でできる汚れ落とし方法をご紹介しましょう。

 

油性の汚れの場合

 

その汚れが乾いている状態で汚れに光を当てて、反射するような場合は油性の汚れです。
油性の汚れは以下の手順で汚れ落としを試してみましょう。

  1. ベンジンと白い綿・不要な布を用意します
  2. 汚れている箇所の裏側に不要な布を敷きます
  3. ベンジンを綿に染み込ませて汚れの上から軽くたたくように数十回当てましょう
  4. 下の布に汚れが写ってきたらそのまま続けましょう。

この油性汚れの場合でも擦らないことが重要になります。
擦ることで繊維の奥まで色素が入ってしまったり素材を痛める原因になりますのでNGになります。
また、よくやってしまうのが水で濡らす方法ですが、油性汚れに水での対応は意味がありません。
単純に汚れを広げてしまう結果になりますのでNGですね。

 

どうしても汚れが落ちない時、汚れてすぐの場合はその汚れがジュースなのか?油性の液体なのか?などがわかると思われます。
着物の汚れメモを作って「襟元の茶色いシミ 醤油」などのように記録を残しておきましょう。

 

高価な着物である場合は、すぐに着物の汚れ落としの専門業者に依頼しましょう。
ただし、購入金額があまり高くない着物の場合は、売却を前提として考えると。買取の査定額は確かに上がりますが、差し引きでマイナスになるので無理に業者に依頼する必要はありません。

 

水性の汚れの場合

 

醤油やジュースなどの水性の汚れの場合は以下の方法で汚れ落としをしてみましょう。

  1. 家庭用中性洗剤と歯ブラシ、不要な布を2枚用意します
  2. 汚れている箇所の裏側に不要な布を敷きます
  3. 中性洗剤を15倍~20倍に薄めます
  4. 薄めた中性洗剤を不要な布に染み込ませます。
  5. 染み込ませた布を汚れの上に敷いて歯ブラシでトントンとします。汚れの上から軽くたたくように擦らないようにします。
  6. 上下の布に汚れが写ってきたらそのまま続けましょう。

 

水性汚れの方が手順が多くなっていますが、水性汚れの性質上汚れが広がりやすい為、気を付けて丁寧に作業する必要がある為です。

 

また、血液などのたんぱく質が含まれる汚れが原因の場合は、お湯は絶対に使ってはいけません。
たんぱく質の性質上、熱を受ければ固形化してしまいますので、より汚れを落としにくくなります。
もちろんですが、アイロンもNGです。

 

普段はあまり使わない着物ですが、こうしたシミや汚れが極力つかないように保存するためにはどうしたらよいのでしょうか。
次は、適切な保管方法について言及していきます。

 

着物を上手に保管する方法について

洋服などでは、脱臭剤と防虫剤、防湿剤を使って保存しますよね。
着物も同じ方法で保管してもよいのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

防虫剤は、その性質上シミやにおいの原因になりますので着物の保管には適していません。
特に着物の地の素材である絹と相性が悪く、使わない方がよいと言えます。

 

ではどのような保管が最適なのでしょうか。
次にご紹介する方法で、キレイに適切に保存状態をキープして、ネット査定で高く買い取ってもらいましょう。

 

  1. 桐の箱を用意しましょう
  2. 中にキレイにたたんだ着物と防湿剤を入れます
  3. 高温多湿の場所を避けて、日の当たらないところで保管します
  4. 年に数回虫よけとカビ防止の為、虫干しをします
  5. 虫干しが済んだら元の状態に戻しておきます

 

非常に手間がかかりますが、最適な保管方法になります。
価値の高い着物ほど、手入れに時間をかけることによって保存状態をキープした時の見返りが大きいのでぜひ実践しましょう。

 

 

上の保管方法に「桐の箱を用意しましょう。」とありますが、なぜ桐じゃないとダメなのでしょうか。
別にプラスチックや他の木製の箱でもいいのでは?と思われる方もいらっしゃると思うので、ご説明させていただきます。

 

古くから着物の保管箱として桐が使われてきた理由として、その通気性の良さと虫を通さない堅実な作りが挙げられます。
桐の箱はだいたいのものは精密に作られていてムダな隙間がありません。
もちろん安いものであれば例外もありますが、通常は精巧な作りをしています。

 

こうして、防虫剤を使わない着物の保存の最大の敵である「虫食い」を押さえることができます。
さらに、通気性にも長けているのでカビなどが発生しにくく、においも付きにくくなるのです。
こうした理由で、古くから高級着物の化粧箱は桐製の場合が多いのですね。

 

では、少し逸れましたが次は虫干しの正しい方法をご紹介していきます。
良い保管方法と併せることでより良い保存状態をキープしましょう。

 

【着物・和装小物】虫干しの正しい方法は?

虫干しは、着物の保存状態を向上させるうえで必須と言えます。
着物のケア専門家は必ず虫干しをオススメしています。

 

では、年に数回虫干しをする場合、どのような時期に行えばよいでしょうか?
以下にリストアップしていきます。

  • 湿気の多い梅雨の開けた7月末から8月にかけて。
  • 熱すぎず寒すぎない10月頃。
  • 一番寒く、湿気も少ない2月頃。

この3つの時期に虫干しをすることが最適だと言われています。
もちろん、時間帯も重要になりますので、朝方と夕方以降は避けましょう。
10時頃から15時頃が適切な時間と言われています。

 

その日のお天気も重要になります。
雨が上がったから大丈夫…というわけではなく、湿度が問題になるので、2日~3日ほど晴れが続いた時に行うのがベストになります。

 

次は実際に虫干しをする場合、どのようなことに気を付けるのかを紹介します。

 

専用ハンガーがあればよいのですがない場合は、通常のハンガーでも問題ありません。
一番注意することは、直射日光を当てないことです。
直射日光が当たらない日陰で、ホコリ落としと汚れチェックを兼ねて軽くブラッシングしてあげましょう。
専用ブラシがない場合は、ハンカチなどでも代用可能なので実践してみてください。

 

 

また、着物を包んでいるタトウ紙というものがありますよね。
このタトウ紙は、汚れや湿気から着物を守ってくれる優れモノなのです。

 

このタトウ紙が汚れていたら、紙自体の交換のサインなので、すぐに交換しましょう。
汚れを防ぐためのものが汚れの原因になってしまっては目も当てられません。

 

虫干しは3時間ほどで完了しますので、終わればまたタトウ紙に包んで、元の桐の箱に保管しましょう。
防湿剤も忘れずに入れてくださいね。

 

ここまで手入れの行き届いた着物は通常目にすることがありません。
多くの方がタンスの奥深くに数百万円もするような着物を保管してしまっている為です。
着物本来の価値を査定に繋げるために、ぜひこの保管方法を実践していただければと思います。

 

こんなにも手間のかかるお手入れをするのですから、もちろん高く買取に出したいところです。
冒頭でも少し触れましたが、着物には買取相場というものがあります。
ブランド着物や著名作家の作品などが高い…と何度か記述していますが、実際にどんな作家やブランドが高く買い取られているのかをご紹介していきます。

 

高く売れやすい作家やブランド着物について

まずはブランド着物と呼ばれるものを紹介します。
ブランド着物は大きく4つに分類されています。

 

海外ブランド

1つは海外ブランドにより制作された着物です。

  • アンテブリマ
  • ベネトン
  • パティパティ

 

国内ブランド

2つ目は国内ブランドが制作した着物です。

  • 23区
  • 組曲
  • ふりふ

 

和装専門ブランド

3つ目は和装専門ブランドの着物です。

  • 撫松庵
  • 紫織庵
  • ひさかたろまん

 

デザイナーブランド

最後は個人がプロデュースするデザイナーブランドです。

  • 桂由美
  • 山本寛斎
  • 松田聖子

 

このようなブランドの着物をお持ちの場合は買取査定額に期待してもよいでしょう。
現存するブランドがほとんどですが、その価値はお墨付きです。

 

有名作家

次は、有名作家をご紹介していきます。
無形重要文化財の人間国宝に指定されていたり、非常に手間のかかる評価の高い着物を手掛けていたりするので、下に紹介する方たちが手掛けた着物もかなりの高値で査定してもらえることが考えられます。

  • 森口華弘 (もりぐち かこう)友禅染が有名
  • 稲垣稔次郎(いながき としじろう)自然の形を伝える型絵染が有名
  • 上野為二 (うえの ためじ)京友禅の人間国宝
  • 小川喜三郎 (おがわ きさぶろう)無形文化財である献上博多織に指定
  • 鎌倉芳太郎 (かまくら よしたろう)沖縄の紅型・藍型等型絵染職人で人間国宝
  • 喜多川平朗 (きたがわ へいろう)染色工芸家、重要無形文化財「有職織物」
  • 羽田登喜男 (はた ときお)京友禅と加賀友禅の融合、人間国宝

 

これだけ並べても一部にしかすぎません。
着物の制作で人間国宝級の称号を獲得している人物は歴史上数十人いらっしゃいます。

 

もし、お持ちの着物に何かしらの銘が入っている場合は、その名前を調べてみることで相場を知ることができます。
人間国宝級の着物は5万円~200万円の相場とも言われていますので、捨てるつもりの方はまずネット査定に依頼してみましょう。
捨てる予定のモノが200万円に化ける可能性を秘めているのがネット査定なのです。

 

【豆知識】着物の生地の特徴・買取相場

着物の制作は、まず素材の選定からになります。
今の時代では比較的簡単にウールやポリウレタンが手に入るので、そのような素材を使用した着物も多くみられるようになってきました。
その制作された素材によって着物の買取相場が変わってくるので、重要な査定判断の材料になるのが素材だ、と言えるでしょう。

 

では、どんな素材があってどのような相場になっているのかを少しご紹介します。

 

絹の特徴・着物買取相場について

 

高級着物の素材は絹がほとんどです。
絹は更に本絹と正絹に分かれます。

 

本絹

本絹とは、蚕の繭から紡ぎ出した絹100%の切れ目のない長さのそろった絹糸のことを指します。
非常に高額な査定額が付きやすい特徴を持っています。

 

正絹

正絹とは、絹100%ではあるのですが、本絹を製造する過程で余ってしまった絹糸などをつなげて1本の糸にしています。
目視ではまずわからないですが、本絹の余り糸で作ったものが正絹と言えます。
こちらは本絹ほど高額査定ではありませんが、相応の値が付きます。

 

  • 本絹製着物の相場…3万円~100万円(人間国宝の作品など)
  • 正絹製着物の相場…1万円~20万円

 

木綿の特徴・着物買取相場について

木綿が素材の着物は「久留米絣」「琉球絣」「館林木綿」のように有名な伝統工芸品で高額査定が付くものもありますが、着物自体を格付けするとすれば、カジュアルな分類の着物になります。
普段着と同じ扱いということですね。

 

実際の買取相場はこのようになります。

  • 東郷織物製 永江明夫作…2万円
  • 一般的な木綿製着物  …1千円~1万円

 

高額な値が付きにくく、買取もできない場合もあるようです。
ただ、『捨ててしまうのはまたもったいないこと』になりますので、せっかく無料なのですからネット査定で出張査定をお願いしてしまいましょう。
もし価値が付かなくてもキャンセルして保管しておくことも、そのまま処分してもらうこともできます。

 

ウールの特徴・着物買取相場について

ウールなどの化学繊維は、ピンキリです。
買取ができないものから高額査定が出るものまで様々です。
どのようなものが買取できないのでしょうか?

 

  • 古いウール製の着物
  • 作家がわからない、ブランド品ではない最近の着物

このようなものは値が付いたとしても、数百円~3千円ほどが相場になっています。

 

高額査定が出るものはどのようなものなのでしょうか?

  • 近代との融合を目指した着物ブランドの着物
  • 夏物で未使用のもの

 

ブランドアイテムでは、ウールを使用していることもよくあります。
ブランドが付いていれば高額査定が出やすくなりますね。
また、未使用に限りますが、人気の高い夏物の着物もそれなりの値が付く場合があるようです。

  • ブランド品…1万円~5万円
  • 夏物未使用…3千円~8千円

 

ポリエステルの特徴・着物買取相場について

このポリエステルについては、素材自体が手に入れやすく、その価値も低いことから買取ができない場合が多くなります。
ポリエステル製の着物を買い取ってくれるかどうかを先に査定業者に確認しましょう。
ベンチコートなどにもよく使用される素材で、動けばカサカサ音がするような化学繊維なので、すぐにわかるかと思います。

 

例え値が付いたとしても数百円~2千円程が相場となります。

 

ただ、捨ててしまうのはやはりもったいないと言えます。
一度ネット査定の専門家に相談してみましょう。
スピード買取.jpなどでは、気軽に相談に乗ってくれますのでオススメさせていただきます。

 

ネット査定の際必要なアイテム・買取価格の受取方法は?

では、ネット査定を利用するにあたって必要なモノはあるのでしょうか?
必要なモノをまとめてみますので確認してみましょう。

 

必須

  • 着物本体
  • 本人確認身分証明証

 

あればなお良し

  • 化粧箱
  • 和装小物
  • ブランド証明証
  • 製作者がわかる銘入りのモノ

 

必須アイテムは着物と確認書類だけなので、気負う必要なくネット査定に買取依頼をできますね。

 

全国対応型で対応するサイトに簡単な項目を入力するだけで、出張査定に来てくれるネット査定を使わない手はないでしょう。
さらに査定料金やキャンセル料金もありませんし、査定の結果も気軽に聞くこともできます。
現在の買取業界の中で、ダントツで人気のある秘訣がココにあるわけです。

 

この機会に、タンスに眠っている着物を確認してみましょう。
スピード買取.jpなら早くて2時間ほどで査定から支払いまで終わりますし、高額な着物の場合でも買取プレミアムに依頼すれば正当な査定をしてくれます。

 

ネット査定の利用が一番お得に、便利に、早く買取をする最大のコツと言えます。

 

まとめ

ここまでで、着物の買取の全貌をご紹介してきました。
まず、リサイクルショップへ持っていくという選択肢はなくなったはずです。
更に、素材別の相場や最適な保管方法なども知ることができました。
あとは然るべき買取業者に依頼するだけの状態になります。

 

私たち、プロがオススメするネット査定は高額買取の実績が多数あります。
キャンセルも簡単なので、一度ネット査定を利用してみましょう。

 

ネット査定をうまく利用することが、着物を高く売る為の最大のコツなのです。


このページの先頭へ戻る