使わなくなった袴を売りたい!買取相場価格や高額買取のコツ・ポイント!

 

昔はよく使っていた袴、でも今はタンスの中で永い眠りについている…。
そんな袴をいざ売りに出そうと考えたとしても、一体いくらぐらいの値が付くのか。
どんな場所に相談したらいいのか、などをご紹介していきます。
この機会に、使わなくなった袴を整理してキレイサッパリしてしまいましょう。

 

 

袴の買取相場価格はいくら?

まず、買い取りを依頼すると以下の項目が金額の査定対象になります。

  • 素材
  • 傷み具合などの状態
  • 汚れ

 

5,000円~10,000円程の袴

5,000円~10,000円程の袴で、傷みもあり少し汚れているなどの状態の場合。
500円~2,000円ほどの買い取り相場となってしまいます。

 

50,000円程度の袴

素材が良く、保存状態も良好な50,000円程度の袴の場合。
10,000円~30,000円もの値が付く場合もあるようです。

 

保存状態が悪ければ買った値段の10%ほどに。
状態が良ければ15%~70%ほどの買い取り相場が多いようです。

 

一度、眠っている袴を確認してみましょう。
虫食いや汚れなどがあった場合は値段が下がっちゃいますので要チェックです。

 

袴とはどんなアイテム?基本情報について

袴というのは、腰から下を覆うように着付ける和服のことを呼びます。
洋服のスタイルでいうところのズボンに当てはまります。

 

和服は上着である振袖などと、袴がセットになっているはずです。
袴だけあっても和服を着こなすことはできません。
そんな場合に売りにだそうと考えられる方が多いようですね。

 

袴の豆知識 男女別!袴の特徴・種類について

実は、袴といってもいろんな種類があります。
ここで少し、その種類に触れてみましょう。
読者の方がお持ちの袴は、どの種類の袴なのかも併せて確認していただければと思います。

 

袴の種類によって売値が大きく変わるということはないようです。
ですが、買い取る側も中古袴として販売すると思うので、いろんなことに使える袴の方が売れやすいお店だったり、巫女さんの和服のようなものを取り扱っているところでは巫女袴の方がよく売れたり…という、販売店の傾向で値段の付き方も変わってくるのです。
適切な販売店を選んで、最良の売値で売りたいですね。

 

このあとの表現に襠(マチ)という言葉が出てきます。
襠(マチ)というのは、布幅に余裕を持たせるために補う布のことを指します。
この襠がある袴は、ゆとりをもって着こなすことができるのが特徴です。
それでは紹介していきます。

 

【男性袴】行灯袴の特徴

行燈袴(あんどんばかま)と言われる袴の特徴は、中仕切り(襠)のないことです。

 

このタイプの袴は、江戸時代に町民の多くが着ていたものになります。
よく時代劇で出てくる町人が着ているのが印象的ですね。

 

今では、礼装などにも使われることが多くなってきています。


【男性袴】馬乗袴の特徴

このタイプは裾幅が広いタイプの袴をこのように呼びます。
先ほどの行燈袴に中仕切りがあるものと思ってもらえればイメージしやすいかと思います。
行燈袴よりもゆったり着こなせることができるのが特徴になります。

 

この馬乗袴と先ほどの行燈袴は袴の大項目2種類になります。
だいたいの袴はこの2種類のどちらかになるので確認してみましょう。

 

【女性袴】巫女袴の特徴

このタイプの袴は「差袴(さしこ)」とも呼ばれます。
前と後の腰には芯紙が入っており、ピッタリ着付ける形になります。
腰板は無いものがほとんどなようです。

 

実際の巫女さんは、トイレの問題のために行灯袴を着用することがほとんどです。
着るときは、腰骨に掛ける高さに合わせて前で紐を蝶結びに結びます。

 

【女性袴】捻襠切袴の特徴

読み方は「ねじまちのきりばかま」です。
巫女袴と違って紐が1本、U字型にまわり、右腰前で結び着けることが特徴です。
仕立て方によっては巫女袴と同じタイプの紐もあります。

 

股がある馬乗袴のような形で、実際に巫女さんが多く使っているのはこのタイプです。
捻襠というのは、通常は上から下まである袴の襞が上にしか無く、下まで伸びてきていないタイプの袴のことを言います。

 

袴の豆知識 袴の正しい着付け方

まずは、裾が袴の下から見えないようにしなければいけません。足首あたりまで見えるくらいに短くしてしまいましょう。
襟元を詰め気味で、胸高に着付けまることで、若さのアピールになります。

 

衿はあまり抜かない方が、ロングヘアーの女性にマッチする着付けになります。
次に着物の上から袴をあてます。袴の紐を背中の帯の結び目にくくる感じで着付けていきましょう。

 

これでバッチリなセルフ着付けができてしまいます。

 

袴の買取を行っているのはどこ?

インターネットの普及で、袴を買い取ってもらうことができる業者をすぐに探すことができます。
しかし、いろんな業者がありすぎてどの業者がどんな傾向があるのかがイマイチわかりにくいですよね。
そこで、買い取り業者の種類に分けて、その傾向と代表的な販売店の名前を挙げていきます。
その袴にあった一番ふさわしい場所で古くなった袴を売ってしまいましょう。

 

着物買取専門店

 

「まんがく屋」さんなどがここにあたります。
着物買取専門店では、着物の状態をシッカリ査定してくれるプロが在籍していることがほとんどです。
品物を持っていくだけで査定から買い取りまでスムーズに行けるのが、さすが専門店と言ったところです。

 

この「まんがく屋」さんは、多数の買い取り実績があり安心して全部任せることができそうですね。
他の方法と違って、安定して売ることができるのが最大のポイントです。
ご自分で査定したり出品したり…などが慣れていない方は、やっぱりプロに任せるのが一番です。

 

ネットオークション

 

ネットオークション大手「楽天」や「YAHOO」などが挙げられます。
このオークションは買い手と売り手を直接結び付けるので、他の買い取り方法よりも高額で売ることができる可能性が高いことがポイントになります。

 

しかし、注意点として「ご自分に査定できる力」が欠けていた場合は、本来の売値よりも安く売ってしまう恐れもあるのがオークションの落とし穴です。
この袴は相場でどれぐらいで、査定するとしたら○○円ぐらいかな…という知識がある方は、オークションを利用して、商品を求めるユーザーに直接売っちゃいましょう。

 

リサイクルショップ

 

「良品買館」や「セカンドライン」などがここにあたります。
リサイクルショップの良いところは、なんでも売れるところです。
たとえ買取専門店に持って行ったところで買い取ってもらえないような品物でも、ここでは買い取ってくれる場合がほとんどです。

 

注意点として、リサイクルショップでは基本的に買い取り金額が低くなるのが挙げられます。
これは、専門性の高いものほど買い手がつかないときが多くなり、コストがかかってしまうからです。
リサイクルショップに着物を買いに行く人はほとんどいないでしょう。
どうしても売値が付かない場合はリサイクルショップを有効に利用しましょう。

 

ネット査定専門サイト

 

「スピード買取.jp」などがここに当たります。
この査定専門サイトは、基本的にサービスで出張査定してくれますので非常に便利です。
着物の査定専用のサイトもありますので、もちろん専属のプロも在籍しています。
出張してもらってそのまま買い取りしてもらえるパターンもあるので一番早くて便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

 

注意点としては、出張してくる営業マンとご自分でマンツーマンの商談になります。
買った時に相当な値で買った着物などの場合、もしかしたら足元を見られるかもしれません。
足元を見られていてもご自分で気づくことができなければそのまま売ってしまうことになります。
多少はめんどうですが、このサービスを利用する場合は、2,3社同時に見積もりを上げるのがベストではないでしょうか。
その見積もりで一番高いところに売ればいいだけなのでオススメ方法になります。

 

袴の買取価格を高くするコツ・ポイント

ここでは、少しでも良い査定額をもらうためのコツやポイントをご紹介します。
ここまで頑張って調べたのですから、ちょっとでも査定金額をアップさせちゃいましょう。

 

保管状態が良いもの

冒頭でも少し触れましたが、まずは汚れなどの保存状態をよくすることがベストです。
破れや傷みなどはヘタに触って拡大してしまっては元も子もないので触らないようにしましょう。
シミは、お湯とタオルを使って軽くシミ抜きをしましょう。
少しでも見栄えをよくすることで査定額のアップが狙えます。

 

化粧箱が紛失してしまっている場合は、サイズに見合った箱を用意します。
箱があるだけで査定金額が大幅に変わってきますので押さえておきましょう。

 

絹で出来た袴は高く売れやすい!

ポイントとして、袴の素材は「絹」が高額査定をもらえる可能性が高いのです。
絹とは、キレイな光沢とサラサラの肌触りが印象的な素材ですね。

 

もし、お持ちの袴がこの素材であるなら、少しでも保存状態をよくすることで、思ってもない金額の査定が出ちゃうかもしれないですね。

 

まとめ

着物は、今の時代では成人式や結婚式などの冠婚葬祭以外には着る場所自体が少なくなってきています。
でも、日本独特の文化で華やかさを演出できる最高の衣装であったりもします。
この記事を参考にして、不要になった着物や袴を高く売りましょう。
また必要になったときには「レンタル」という方法もあるので、活用してみましょう。

関連ページ

加賀友禅の着物買取相場はいくら?損せず売却する方法を解説!
加賀友禅は、実際に市場価格として、いくらぐらいで買取されているのでしょうか?実際の買取相場と損しないで売る方法について解説します。
和服の買取りならリサイクルショップよりネット査定がおすすめ!
ハレの日のために誂えたから高級品で、1~2回しか着ていない。捨てるには惜しい・・・、そんな和服を高く売る方法を知りたくありませんか?
【小千谷縮】着物買取相場や高額で売るコツ・ポイント!
小千谷縮についての買取相場や高額売却のコツ、生地の特徴や見分け方、お手入れのコツなどをまとめていきます。
お宮参り用の着物買取を行う店はどこ?買取相場や高額で売る方法!
お宮参り用の着物の買取相場や高額で売る方法について解説します。
※警告!こんな着物買取業者に要注意!トラブルを回避するためのコツ
着物買取時のトラブル事例、トラブル回避方法についてご紹介していきます。せっかくお持ちの良い着物を正当な価値で評価してもらうためにぜひ知っておきましょう。
【着物買取】メール査定&LINE査定をまだ知らないの?
便利なメール着物買取査定やLINE査定の手順やかかる時間の平均目安について解説します。
振袖の買取相場はいくら?高額で売るためのコツをズバリ解説!
振袖の相場はどのくらいなのか、どんな振袖が売れやすいのか、高く売る為のポイントはあるのか? など振袖の買取に関する疑問を解消します!
祖母が着なくなった京友禅を売りたい!京友禅の着物買取相場は?
着物の買取…中でも京友禅の買取について、買取相場と合わせてご紹介します。高額で売りたいけれど、どんな方法があるのかわからない人は必見です。
【大島紬の着物買取相場】大阪で売るならどこがおすすめ?
大島紬の着物買取相場と大阪で大島紬を買取してくれる専門店を探しました。さらに大島紬に関しても調べてみました。
【着物買取】ヤフオクとネット査定はどちらが高く売れる?
ヤフーオークションと着物買取専門のネット査定について、買取価格やメリット・デメリットを比較していきたいと思います。
初心者向け★着物買取なら郵送対応で便利なネット査定がおすすめ!
着物を持ち込むのも億劫で、更に来てもらっても困る…そんな方たちが選んでいるのが郵便対応可能なネット査定なのです。ここでは、郵送での着物買取についてまとめていきます。
和装小物を買取してくれるのはどこ?買取相場や高く売るコツは?
和装小物と呼ばれる和服を着るときに使ったり、一緒に着たりするモノの買取店についての紹介や、買取相場、高く売るためのコツについてご紹介していきます。
着物買取の宅配査定は可能?具体的な方法・手順・高く売るコツは?
着物の買取を宅配査定してくれるところがあったら、とっても楽ですよね。しかも宅配査定の方が買取額が高くてお得だとしたら、ぜひ利用したいもの。具体的な方法・手順・高く売るコツについて解説します。
有名作家の着物買取相場はいくら?高く売るコツについて徹底解説!
家にもし、もう袖を通さない有名作家の着物があったら?できたら高く売ってしまいたいですよね。買取価格相場はいくらくらいなのでしょう?そしてどこに売ったらいいのでしょう?
喪服の着物買取相場はいくら?高額査定のコツ・ポイント!
喪服の着物買取相場、高額査定のコツ・ポイント、買い取ってくれる場所などについて解説します。
【着物の古着】高く買取を行うコツや押さえておくべき柄の豆知識!
着物を高く買取してもらうためには、いくつかのコツがあります。コツを知ってあなたも着物の古着を高く買い取ってもらいましょう。
【麻の着物】着物買取相場はいくら?高額買取につなげるコツ!
麻の着物の買取相場や高額買取につなげるコツ・ポイント、生地の特徴や豆知識について解説します。
京友禅の第一人者・松井青々の着物買取を行う専門店や価格相場は?
京友禅の第一人者である松井青々の作った着物を売りたいときはどうすればいいの?買取相場は?高額で売るならどこがおすすめ?着物の買取価格をUPするコツ・ポイントは?など作家物の着物を売るときの情報をまとめてみました。
紋付の着物買取相場はいくら?気になる審査の流れについてご紹介!
紋付の着物を売るのは、少しハードルが高いと思っている方もいるのではないのでしょうか?紋付着物の種類と買取相場、着物買取の審査方法もお伝えします。是非参考にして下さい。
絹の着物は高く売れやすい?着物買取相場や注意すべきポイントは?
絹の着物の買取相場や高く売るポイント、お手入れ方法について解説します。
訪問着セットの買取相場&高く売るコツ!東京の専門店ならココ!
訪問着の買取相場と高く売るコツ・ポイントをご紹介します。合わせて東京で訪問着を高価買取してくれる専門店もご紹介!

このページの先頭へ戻る