和服を高く売るならリサイクルショップよりネット査定がおすすめ!

 

どこのお家にも1枚や2枚は眠っている和服。
結婚の際に結納のために親が作ってくれた、子どもの初宮参りのために誂えたなど、さまざまなシーンを華やかに彩ってくれます。
ところが、自分では着ることができず、かといって美容院で着付けをしてもらうと高くつくので、たんすの肥やし・・・。
そんなご家庭も多いのではないでしょうか。

 

しかも、ハレの日のために誂えたから高級品で、1~2回しか着ていない。捨てるには惜しい・・・、そんな和服を高く売る方法を知りたくありませんか?

 

 

【着物買取】リサイクルショップのメリット・デメリット

最近、街でよく見かけるチェーン店の和服のリサイクルショップ。
リサイクルショップのメリットは、実店舗ですので売る側・買う側の双方が同時に商品を手にとって確認することができます。
疑問点をその場で確認することができるので、納得の商談をすすめることができます。

 

ただし、実店舗の店員も和服のすべてを知っているわけではありません。
見立てた店員の裁量によって相場よりも安い値段で買取されてしまうことも・・・。
そうなってしまうと、せっかくの思い出の品なのに、残念ですよね。

 

【着物買取】ネット査定のメリット・デメリットについて

実店舗を持たず、ネットにて買取を行う業者も増えてきました。
ネット査定のメリットは和服の専門知識を持った査定員が鑑定を行います。
そのため、その着物に合った適正価格で買い取ってもらうことができます。

 

反面、売る側である自分が査定の現場に立ち会うことができません。
どのような理由でこの値段になったのかが分かりにくい面があります。

 

【ネット査定】今CMで話題のスピード買取.jp!

 

今、坂上忍さんのCMで話題のスピード買取.jp
「早く、高く」で顧客満足度No.1の実績を持っています。

 

スピード買取.jpの買取方法について

スピード買取.jpには3つの買取方法があります。

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • お持込み買取

それぞれに特徴がありますので、どれが自分に合った買取依頼の方法なのかを見定めることが大切になります。
以下にそれぞれの特徴を記します。

 

出張買取

出張買取は電話1本で査定員が自宅へ訪問する方法です。
最短30分で自宅へ来てくれます。
査定額に満足できたらその場で現金支払いとなります。

 

自分の見ている目の前で査定してもらえるので、交渉をしながら買取してもらうことができます。
自宅に居ながらにして、査定が完了するので看護や介護を必要とする人が居る等の理由で自宅を離れられない事情がある場合なども便利な方法でしょう。

 

宅配買取

電話予約の後、品物を宅配便で送ります。
このとき、免許証などの身分証明書のコピーと宅配査定書類一式を同封することを忘れないようにして下さい。

 

また、喪服やウールの着物、キズ、汚れ、シミ、カビがひどいもの、においがひどいものは対象外です。
買取価格がつかなかった品や、買取価格に満足できなかった品は着払い(依頼主=お客様負担)で返送されます。
送るだけなので余計な時間をとられることがありませんが、買取できなかった商品が着払いで送り返されてしまうので、絶対に売れると確信が持てる品以外は送らないほうが無難なように思います。

 

持込み買取

店舗へ持ち込んで査定を行います。
店舗に駐在している専門スタッフが鑑定します。
持ち込まれた品の量や内容にもよりますが、最短5分程度で査定が可能です。
ショッピングの合間等に査定依頼をしておけば、待ち時間が少なくてすみ、快適に買い取りができると思います。

 

スピード買取.jpの買取エリアはどこ?

「スピード買取.jp」の買取エリアは全国に広がっています。
離島等では宅配買取のみの扱いになったり、出張買取に時間がかかる場合もあります。

 

スピード買取.jpには高額の買取実績が多数あります。
状態の良い名匠と名高い作家者であれば、100万円を越えることもあります。
保証書(布の端にかかれた布のプロフィール)があれば作家ものでなくても高額査定が期待できます。
またアンティークの需要も高まっており、古いものが意外な高値を呼ぶこともあります。

 

1円でも高く和服を買い取ると評判!福ちゃん

「福ちゃん」は和服専門の買取業者です。
和服専門ですから買取を依頼する際にも、安心感があります。

 

福ちゃんでは出張買取をオススメしています。
和服はデリケートな衣類。
宅配などで移動させようとすると余計な部分にシワが入ってしまったりして査定が下がってしまうことがあります。
その点、出張買取であれば持ち運びの不便がありませんので、状態のよいまま査定員に見せることができます。

 

福ちゃんの買取の流れについて

まず、フリーダイヤルにて買取の予約電話を入れます。
スケジュール調整の後、査定員が自宅訪問してくれます。
その際、社名の入っていない車で来てくれるので安心です。

 

その場で査定員が買取金額を提示します。
提示額に納得できればその場で買取が成立します。

 

福ちゃんのネット上での口コミ・評判は?

福ちゃんについては賛否両論があります。

 

査定額は満足しているという声は、着物に対する知識がまったくない状態で買取を依頼したのに思わぬ高額査定となった、買い取ってもらえると思わなかったカバンや草履も買い取ってもらえた、量が多く運搬がたいへんだと思っていたところ、出張で買い取りに着てくれたなどが挙げられます。

 

逆に不満だという声は、査定額がおもったほど高くなかった、出張買取が強引だったなどが挙げられます。
査定額については売る側・買う側の双方の思いがあるので難しいとは思いますが、双方ともに納得できる金額での取引ができるといいですね。

 

着物買取を行う前に!知っておきたい着物や帯の豆知識

着物買取を行う際に、まったくの無知で「いくらでも構いません」と言ってしまっては、査定額が適切なのかどうか分かりません。
買取する前に、着物について少し学んでおきましょう。

 

フォーマルな着物の種類

 

洋装であれば、ブラックフォーマルがあればネクタイやアクセサリーを変えることで慶事も弔事も対応できますが、着物のフォーマルは慶事と弔事で異なります。
着物には「格」があり、新郎新婦や他界された方などとの間柄が近いほど、「格が高い」着物を着用する必要があります。

 

女性の場合

  • 未婚女性は振袖
  • 既婚女性は留袖(黒留袖・色留袖)

色留袖よりも黒留袖のほうが「格が高い」と言われています。

 

友人知人が新郎新婦の場合は、未婚女性は振袖。
既婚女性は訪問着・附下げ・色無地(紋入り)などが適しています。
その他の慶事は、友人知人が新郎新婦の場合に合わせれば大丈夫です。

 

帯は「袋帯」を合わせます。(うれしいことが重なるようにとの願いがこめられています)
弔事の場合、黒紋付、色紋付があります。これも黒のほうが「格が高い」と言われます。

 

「紋」の数が多いほど格があがります(1つ紋、3つ紋、5つ紋があります)。
ただし、「紋」はそれぞれの家庭によって異なりますので、古着を買った場合、自分の家の紋と違う場合、紋を入れなおす必要があります。
実際に入れなおすと5000~10000円程度かかるので、買取の場合は敬遠される可能性があります。

 

帯は喪服用の名古屋帯を合わせます(一般的には名古屋帯はその成り立ちからカジュアルとみなされますが、「太鼓」の部分が一重なので不幸が重ならないようにと、最近では弔事の場合は名古屋帯を使うようです)。
慶事・弔事、それぞれに、あわせる長襦袢についても決まりがあります。

 

男性の場合

男性の場合は、慶事・弔事ともに黒紋付・羽織り袴着用が正装になります。
羽織りか袴がないと少しカジュアルになります。主催者様との間柄や会の目的等で羽織り・袴を着用するかどうかを決めるとよいと思います。
黒紋付と羽織りは同じ布で作ることが一般的で「アンサンブル」と呼ばれることがあります。
アンサンブルは女性用もありますが、女性用は紬などカジュアル着物に多い印象があります。

 

カジュアルな着物の種類

カジュアルな着物もTPOに応じて着用する着物の種類が異なります。
ホテルランチや歌舞伎見物などであれば小紋、ちょっとした買い物には紬が便利です。

 

最近はデニム生地の着物もありますね。
糸も絹以外に、冬はウール、夏は木綿や麻などがあります。
着物業界では化繊といいますが、ポリエステル製の着物もあります。
ポリエステルは安価な上、洗濯機で洗うことができますので、普段から着物を着る人に人気です。

 

江戸小紋

フォーマルとカジュアルに分けて解説してきましたが、実は、フォーマルにもカジュアルにも使える着物が1つだけあります。
「江戸小紋」です。

 

江戸小紋は遠くから見ると、無地のように見えるのですが、近寄ってみると細かな柄があります。
江戸の「粋」を感じさせる着物として人気があります。
本当は東京都内(江戸)で作られたものだけが江戸小紋と呼ぶのですが、今は産地に関係なく柄を指して言うことがほとんどです。

 

江戸小紋には「三役」と呼ばれる柄があります。
三役とは「角通し」「鮫」「行儀」の3つ。
三役はとくに格が高いといわれており、フォーマルの「色無地」と同様の扱いをしてよいと言われています。

 

1枚の着物に江戸小紋の文様をいくつも入れ込んで染めることもあり、三役がすべて入っているものはとくに格が高いです。
他に、江戸小紋の文様には「縞」「あられ」などがあります。
江戸小紋は帯の「格」のよってフォーマルかカジュアルかを変化させることができます。

 

浴衣

最もカジュアルなのは「浴衣」。
字のごとくで風呂上りに着る着物です。
夏の夕涼み(夕方~夜)に着用するのが一般的です。

 

夏祭りなどには浴衣で出かける機会も多いと思います。祭りのときだけは昼間も浴衣を着て遊びに行くのが粋です。
浴衣はフォーマルな場所には着用NG。着物界のTシャツと考えれば間違いありません。

 

着物は季節感が大切です。常に季節は「先取り」が粋と言われています。
例えば、梅が満開の時期に梅柄ではなく、あえて、季節を先取りして桜の柄を使うというのもOK。

 

浴衣に関しては「夏の夕涼み用」ですので、7~8月の盛夏の時期が最も似合いますが、東京などでは5月中旬の三社祭が浴衣解禁と言われています。
季節先取りで、5月下旬~6月の暑い日に浴衣が着たい場合、伊達襟を使うと粋です。

 

帯の種類

帯は、大きく分けて5種類。
女性用は袋帯、名古屋帯、半幅帯です。

 

男性用は角帯ですが、女性でも祭りなど、角帯を使う場合があります。
子供たちが使うやわらかい帯・兵児帯もありますね。
男性の普段着や女性の浴衣でも柔らかさを出すために兵児帯を使う場合があります。

 

帯にも格があり、高い順に袋帯、名古屋帯、半幅帯です。
角帯と兵児帯に格はありませんが、兵児帯を大人が使う場合、かなり砕けた使い方になります。

 

手描き帯と織り帯

袋帯、名古屋帯には、柄のつけ方で「手描き帯」と「織り帯」があります。
手描き帯は折りあがった布に職人が絵を描いて完成させます。
織り帯は布を織る際に糸を絵柄になるように織り込んで柄を作っていきます。

 

織り帯は柄をよく見ると、少し角ばった印象があると思います。
手描きは1枚ずつ職人が絵を書いていくので、大変そうに思いますが、織り帯のほうが格は上です。
色使いのみならず、金糸・銀糸の使用量などで合わせる着物の格が変わってきます。
ただし、織り帯でも金糸・銀糸が使われていない「博多帯」などはカジュアル向けです。安価で取引されますので、ご注意下さい。

 

【着物の豆知識】着物の生地の見分け方は?

着物の生地に使われる素材は大きく5種類です。

 

蚕10万匹の繭でやっと1着分の着物ができるといわれています。
絹は蚕の命そのものと言ってもよいでしょう。

 

着物は絹混の生地は少ないです。100%絹の着物を「正絹」といいます。
正絹はその光沢といい肌さわりといい、暖かさといい、最高の素材です。

 

ただし、水(汗や雨)に弱く、汗に含まれる「塩」などでも変色しやすいです。
湿気を吸ってカビが生えてしまうことも・・・。
かなり高価な素材なので、シミや変色があったりカビが生えてしまってもそのまま捨てることはしません。
シミはシミ抜きをし、それでもダメだったり、変色したものは濃い色に染め替える・カビが生えてしまったものは、カビ取りをすることで復活させて活用します。
しかし、これらのメンテナンスも安くはないので、できれば日ごろからしっかりお手入れをすることが大切です。

 

夏の素材としてたいへん重宝されます。通気性がよく、夏は麻が一番涼しいと思います。
着物は全身を覆っているので暑いと思われがちですが、麻は直射日光から体を守ってくれるので暑さをしのげることもあります。
空調の風も直接、肌にあたらないので室内でも過ごしやすいです。
麻は少しごわごわした手触りが特徴です。シワになりやすいので着用時に注意が必要です。
水洗いが可能で、自宅で手洗いすることができます。

 

木綿(コットン)

木綿もシワになりやすいですが、汗を吸い取る力が強いので夏着物の素材として使われることが多いです。洗濯機で洗っても大丈夫なほど強い素材です。浴衣は木綿が多いです(最近の浴衣はヤングレディース向けのもので化繊も増えましたが)。
木綿の着物は浴衣以外であっても、どんなに柄行がよくても、フォーマルな席には着用できません。

 

ウール(羊毛)

ウールも普段着用です。
セーターなどでおなじみのように、暖かいですが絹よりも重く、着崩れしやすいので着物としてはあまり好まれる素材ではありません。

 

化繊(ポリエステル)

最近流行の「洗える着物」シリーズです。
老舗の呉服屋さんでは「化繊(かせん)」と呼ばれますが、分かりやすく「ポリエステル」というお店もあります。

 

昔から呉服は天然の糸で作るのが高級と言われていましたので、あまり重用されていませんでした。
ところが、最近は化繊でもぱっと見、正絹と見まごうほど美しい光沢を持つ生地も出てきており、安価ですし、気軽に洗濯機で洗うこともできることから、呉服店では売れ筋商品として最前列に陳列されることも多いようです。

 

あまり知られていませんが、素材ごとに分けてしまっておいたほうが虫食いの被害にはあいにくいようです。

 

よくある失敗は、同じシーズンに活躍する絹とウールを一緒にしまっておいたために、ウールについた虫が絹まで食い尽くすということ。
ウールだけならまだしも高価な絹に虫食い穴が開いてしまっては泣くに泣けません。
防虫剤は専用のものでなくても普通の樟脳(しょうのう)を使っても大丈夫です。

 

売れない着物・帯はある?着物買取を行う際の注意点

 

汚れ

シミやカビなどの汚れがないことが大前提になります。
ただし、作家物であったり「龍村美術」「岡重」などいわゆるブランド工房の物や人気の柄のものは汚れがあっても買取出来る場合があります。

 

また、着物の場合「隠れる部位(右前身ごろなど)」がありますので、汚れがあっても、そういった場所の場合、若干の値下がりはあるはずですが、買取してもらえる可能性が高いです。
着用した際に見える部分に汚れがあっても、よいものを安く手に入れて自分で染め直しなどのケアをして使いたいというニーズもあるので、まったく着物についての知識がないのであれば、大きなシミや汚れがあってだめかな?と思っても査定してみてもよいかもしれません。

 

また、洋服の場合、クリーニングに出してから買取に持ち込むのが常識ですが、着物に関しては、一般のクリーニング店でのクリーニングは型崩れしてしまったり色落ちの原因になったりしますので、一般のクリーニング店でのクリーニングは避けてください。
和服専門のクリーニング店(悉皆屋(しっかいや)さんといいます)でケアして出すのもよいですが、高額ですので、洗わずそのまま買取してもらい、買取先で悉皆屋さんに依頼してもらうほうが最終的な手取りが多く残る可能性が高いです。

 

着物はケア次第で3代使えるといわれています。
まだ持っていたい、使いたい着物の場合も、悉皆屋さんでケアしておけば、買取の際の値崩れが防げます。

 

素材

素材の面で化繊は査定対象外になることが一般的。
ヤングレディースファッションのファッションビルなどに入っている着物店のものは、柄はかわいらしいですし、けっこうなお値段で販売されていますので、中古として売りたい気持ちは分かりますが、着物市場では買取されません。

 

ウールも絶対に買い取りできないとまでは言いませんが、中古市場での人気が低いので高値での取引は望めません。
木綿は生地自体が弱いのでこれもまた高値取引は望めませんし、麻は高級品ではありますが、こちらもあまり中古市場では見かけません。
中古市場に出回らないということは、買取もほとんどしていないということ。
正絹以外の買取はあまり期待しないほうがいいと思います。

 

サイズ

最後にサイズです。これが非常に重要です。
品物や状態がどんなによくても仕立てが小さすぎると安価でしか取引されません。

 

最近は大柄な女性が増えてきて、仕立て上がりのM寸が160cmの設定になっています。
昭和初期の女性の標準身長は150cm程度ですから、約100年の間に10cmくらい身長が伸びたことになります。

 

着物は自分の身長±5cmくらいの着丈のものがちょうどよいので、昔、仕立てたものは現代女性には着丈が足りず安価で取引されてしまうのです。
また、同様に裄や袖が短いために安価で取引される場合もあります。
中古の着物専門店の「バーゲン棚」にあるのは、ほとんどがこういった小さすぎる着物です。

 

着物は仕立て直すことでサイズを変えることができますので、縫込みを多くとっておけばよいのですが、仕立てあがった着物の縫込みがどのくらいとってあるかはほどいてみないと正確にはわかりませんし、仕立て直すのにもそれなりの値段がかかります。
中古のよさは「買ってすぐに着られること」ですから、よほど生地が気に入らない限り仕立て直そうと思うことはないでしょう。

 

さらに、自分のサイズよりも小さいとなると仕立て直しのために別の布を用意しなければならなくなることもあり、手間と時間とお金がかかります。
現代においてそこまでして小さいサイズの古着を仕立て直して使おうという人は稀。
よほど大好きだったおばあちゃんから譲り受けたものだとかの理由がない限りはしないはずです。
そのため、買取価格も低くなってしまうというわけです。

 

季節感

また、絶対条件ではありませんが、着物は洋服以上に季節感を大切にします。
季節先取りが粋と言われる衣類ですので、買取に出す際は、季節はずれの在庫とならないよう、季節を先取りして査定依頼をするとよいでしょう。

 

まとめ

正絹の着物は手入れが行き届いていれば3代使えるといわれています。
私見ではありますが、「着物は自分で購入したものよりもお下がりのほうがオシャレ」と思っています。
自分では着ることもなくたんすの肥やしになってしまうのであれば、使ってもらえる人の手に渡すのも一案でしょう。

 

なによりも、着物には蚕の命と、有名・無名に関わらず職人の魂がこもっています。
仮に安価でしか買取されなくても、着物のことを思って「使ってもらえる人の手に渡ること」それによって「着物が生き続けられること」を喜んであげるのもよいのではないでしょうか。

関連ページ

加賀友禅の着物買取相場はいくら?損せず売却する方法を解説!
加賀友禅は、実際に市場価格として、いくらぐらいで買取されているのでしょうか?実際の買取相場と損しないで売る方法について解説します。
【小千谷縮】着物買取相場や高額で売るコツ・ポイント!
小千谷縮についての買取相場や高額売却のコツ、生地の特徴や見分け方、お手入れのコツなどをまとめていきます。
お宮参り用の着物買取を行う店はどこ?買取相場や高額で売る方法!
お宮参り用の着物の買取相場や高額で売る方法について解説します。
※警告!こんな着物買取業者に要注意!トラブルを回避するためのコツ
着物買取時のトラブル事例、トラブル回避方法についてご紹介していきます。せっかくお持ちの良い着物を正当な価値で評価してもらうためにぜひ知っておきましょう。
【着物買取】メール査定&LINE査定をまだ知らないの?
便利なメール着物買取査定やLINE査定の手順やかかる時間の平均目安について解説します。
振袖の買取相場はいくら?高額で売るためのコツをズバリ解説!
振袖の相場はどのくらいなのか、どんな振袖が売れやすいのか、高く売る為のポイントはあるのか? など振袖の買取に関する疑問を解消します!
祖母が着なくなった京友禅を売りたい!京友禅の着物買取相場は?
着物の買取…中でも京友禅の買取について、買取相場と合わせてご紹介します。高額で売りたいけれど、どんな方法があるのかわからない人は必見です。
使わなくなった袴を売りたい!買取相場価格や高額買取のコツ!
七五三や卒業式で着た不要になった袴。そんな袴の買取相場価格、買取を行っている場所、買取価格を高くするコツやポイントについて解説します。
【大島紬の着物買取相場】大阪で売るならどこがおすすめ?
大島紬の着物買取相場と大阪で大島紬を買取してくれる専門店を探しました。さらに大島紬に関しても調べてみました。
【着物買取】ヤフオクとネット査定はどちらが高く売れる?
ヤフーオークションと着物買取専門のネット査定について、買取価格やメリット・デメリットを比較していきたいと思います。
初心者向け★着物買取なら郵送対応で便利なネット査定がおすすめ!
着物を持ち込むのも億劫で、更に来てもらっても困る…そんな方たちが選んでいるのが郵便対応可能なネット査定なのです。ここでは、郵送での着物買取についてまとめていきます。
和装小物を買取してくれるのはどこ?買取相場や高く売るコツは?
和装小物と呼ばれる和服を着るときに使ったり、一緒に着たりするモノの買取店についての紹介や、買取相場、高く売るためのコツについてご紹介していきます。
着物買取の宅配査定は可能?具体的な方法・手順・高く売るコツは?
着物の買取を宅配査定してくれるところがあったら、とっても楽ですよね。しかも宅配査定の方が買取額が高くてお得だとしたら、ぜひ利用したいもの。具体的な方法・手順・高く売るコツについて解説します。
有名作家の着物買取相場はいくら?高く売るコツについて徹底解説!
家にもし、もう袖を通さない有名作家の着物があったら?できたら高く売ってしまいたいですよね。買取価格相場はいくらくらいなのでしょう?そしてどこに売ったらいいのでしょう?
喪服の着物買取相場はいくら?高額査定のコツ・ポイント!
喪服の着物買取相場、高額査定のコツ・ポイント、買い取ってくれる場所などについて解説します。
【着物の古着】高く買取を行うコツや押さえておくべき柄の豆知識!
着物を高く買取してもらうためには、いくつかのコツがあります。コツを知ってあなたも着物の古着を高く買い取ってもらいましょう。
【麻の着物】着物買取相場はいくら?高額買取につなげるコツ!
麻の着物の買取相場や高額買取につなげるコツ・ポイント、生地の特徴や豆知識について解説します。
京友禅の第一人者・松井青々の着物買取を行う専門店や価格相場は?
京友禅の第一人者である松井青々の作った着物を売りたいときはどうすればいいの?買取相場は?高額で売るならどこがおすすめ?着物の買取価格をUPするコツ・ポイントは?など作家物の着物を売るときの情報をまとめてみました。
紋付の着物買取相場はいくら?気になる審査の流れについてご紹介!
紋付の着物を売るのは、少しハードルが高いと思っている方もいるのではないのでしょうか?紋付着物の種類と買取相場、着物買取の審査方法もお伝えします。是非参考にして下さい。
絹の着物は高く売れやすい?着物買取相場や注意すべきポイントは?
絹の着物の買取相場や高く売るポイント、お手入れ方法について解説します。
訪問着セットの買取相場&高く売るコツ!東京の専門店ならココ!
訪問着の買取相場と高く売るコツ・ポイントをご紹介します。合わせて東京で訪問着を高価買取してくれる専門店もご紹介!

このページの先頭へ戻る